なっちのDK的つぶやき
**メイプルストーリーすももサーバにいます。 ドラゴンナイトとマスターシーフの育成をしています。 ほとんどコメント返信をしないちょっと感じの悪いブログでございます^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金もってる?
入院1ヶ月っていうこともあり病院から凄まじい請求書がきました。当たり前なんですが入院ってタダじゃないんですね。幸い私は幾つかの保険に入っていたので凄まじい請求書はなんとかクリアーできました。逆に儲かったくらいですね。まあ今後通院とかも長そうなのでこのくらいで丁度いいんでしょうけどね。
大人はみんな保険に入ってるもんだと思ってましたけど結構みんな入ってないようでいまくらいの時期の見舞い客は入院費用の相談が多いです。そういうのってうるさいんですよね。小声なのはいいんですがすごく早口で大抵半切れで話してるもんです。隣とかむかいのベッドにそういう見舞い客が来るとうざいですよ(^-^)
思えばインシュリンのおっさんもインシュリンうつたびにこれは一発いくらだ?とか聞いてました。その時はよくこんな状態で値段きけるなあと思ってましたけど結構切実な問題なんですね。ちなみにインシュリンは注射機はリースで中身だけお金かかるらしいですよ。
健康な時はむかついてましたけど保険って大切だなあって思いました。
赤い傷跡
なんか今日は天気が良かったのに頭の手術の跡が疼きました。どうもこうなるとダメでですね理由もなくひたすら涙が出ます。なんか妙に悲しくなったり悔しくなったり寂しくなったりね。
涙枯れるまで泣くって北斗の拳でラオウが言ってたけど涙って本当に枯れることあるのかな?
そうだとしたら自分はまだまだなのかなぁ。泣きすぎて口がしょっぱいです。
こんな日はアニメ柚子っぷを見て大笑いして早く寝てしまおう
血圧どう?
私の隣のエロ本のおっさんはいつも笑ってるせいか経過がいいようです。
私と同じ脳外科で入ってきたらしいんですが脳外科的にはもう処置は終わったようで退院を心待ちにしていました。
ところがこのおっさん脳外科的にはよかったんですが意外な落とし穴にひっかかりました。このおっさんね血圧高かったんですよ。毎朝朝食前にみんな測るんですがこのおっさんだけ180とか200とかすごいハイスコアを叩き出していました。もともと糖尿病だったらしいんですが血圧のせいでおっさん今度は内科的に入院になってしまったようです。血圧と言うとみんなナメてるかもしれませんが大変です。毎食ごとに血糖値の測定があります。血圧と違って血糖値の測定は針を使います。注射ほどではないにしても毎回食事のたびに針で刺されては気が滅入ります。さらにおっさんくらいハイスコアを叩き出してしまう人はインシュリンを使います。
インシュリンは自分で注射です。毎朝朝食前に自分の脂肪をつまんでそこに注射です。インシュリンは効き目がすごいみたいで注射したあとのおっさんの血圧は135くらいまで落ちます。普通の人の血圧はそのくらいなんでおっさんはインシュリンなしでは普通じゃいられない人になったようです。
このおっさん結構根性あってですね私が経験してつらかった手術とか検査も笑顔でクリアーしちゃう人だったんですが毎朝のインシュリンにはさすがに参ったんでしょうかねだんだん声に力がなくなってきました。毎朝だんだんと声に力がなくなっていくおっさんを見て若いうちから血圧とか気にしたほうがいいなと思うようになりました。
私が入院してそろそろ丁度1ヶ月だそうです。ほとんど昏睡してたので記憶がないんですがもう3月の後半みたいですね。私は2月でいまだに時間止まってます。体は大切にね
勇敢な戦士の歌を歌おう
私とエロ本じじいのちょうど足下の位置にすごいやばい死にそうな新しいじじいが入ってきました。いつも昏睡していてカナリハードな手術とか検査を毎日こなしています。そんなだから当然のことですがトイレとかひとりでは行けません。いつも垂れ流しでナースさんたちが処理してます。タンとかも吐き始めるとすさまじいものがあり体内に飼っている悪魔の子供を吐き出すのか!?と言わんばかりに「うげげげ~」
とまき散らします。普段ナースたちはカーテンを閉めて作業をしているんですがこのまえ閉め忘れていたのかな?ちょっと開いていたので様子を覗いちゃいました。ふと隣を見るとエロ本じじいもちゃんと覗いてました。我々の所属する病室のナースたちは美人揃いでとても普段嬉しい思いをしていますがなんと!
その死にかけじじいのUNKやゲボを直撃で受けながら彼女たちが治療しているのが見えました。
本当に感動しました。私と隣のじじいの「もうUNKとかタンとかやめてくれ!」という心の叫びの中彼女たちはあろうことか「全部出しちゃうと楽になるよ~」とか優しい言葉をかけながらUNKやゲボの直撃を笑顔でうけとめます。
「ああ、あの綺麗なナースたちが汚されていく・・あのいい匂いがきたねえじじいのUNKで汚されていく・・じじい、てめえ今すぐシネ!」私も隣のおっさんもひたすらおなじことを祈りましたがナースたちはおかまいなしにおっさんの看護をします。
しかし事ここに及んで私はやっと理解しました。「ああ彼女たちたちはチームなんだ」
つまりですねドクターが患者のオペをします。何を言ってもそれが一番重要。
しかし患者はアホだからなにげない行動とかでそれを台無しにします。ナースたちはそういうことがないようにみはっているというわけですね。普段は院内で一番綺麗に着飾っている彼女たちもいざ自分たちの患者たちを守るためには笑顔でUNKやゲボにも突っ込んでいく・・本当に勇敢で素晴らしいプロ意識ですよね
このようにしてドクターのオペを助けているわけです。私は本当に感動しました。
自分も頭に凄まじい縫い目が残ってますが十分気をつけようと思いました。
現状の確認
だんだん入院日数が増えてくると現実と夢の区別があいまいになってきます。以下の事柄はどうやら夢のようなんですがそれで処理してかまわないですよね?

1なっち編集長によるエロ本メイポ創刊
2柚子アニメ化

3柚子Ps2化

4フルバの生肉音戸全国放送化
5おぎやはぎ死亡


上記5点です。とくに柚子アニメ化はリアルな記憶があってマジにテレビで探しました。夢だったら残念だなぁ。
毎回社労士さんと私が柚子さんを泣かして柚子さんが最後に土下座して謝って終わるというワンパターンな構成なんですが最高におもしろいんです。以上記憶の整理でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。